セルフチェックアウトシステムの市場規模、2019年に28億米ドル到達、2020年から2027年はCAGR13.3%で成長予測

2019年のセルフチェックアウトシステムの市場規模は28億米ドルとなり、2020年から2027年にかけてはCAGR 13.3%で推移すると予想されています。小売消費者の流入が増加し、結果としてチェックアウトプロセスの待機時間が長くなることを要因として、セルフチェックアウトシステムの採用が推進されています。労働コストの増加、先進国での熟練労働者の不足、およびパーソナライズされたショッピング体験の選好も、市場成長を促進する要因です。

コンポーネント別では、システムセグメントが、2019年の市場で最大シェアを占めました。消費者は現金とキャッシュレス両方の取引を好むため、小売業者は高度な機能を備えた新しいシステムを採用することで、消費者嗜好に対応しています。

サービスセグメントは、予測期間にわたって最速で成長すると予想されます。求められているのは、処理を高速化し、店舗のフロントエンドで柔軟性があり、従来のセルフチェックアウトシステムおよびサービスとの容易な統合を提供する効果的なシステムです。こういったシステムは、小売業者がコンサルティング、導入、メンテナンスサービスを選択する動機となっています。

この市場はタイプ別では現金ベースとキャッシュレスベースで構成されます。現金ベースのセルフチェックアウトシステムは2019年に最大の市場シェアを占めました。大規模、中規模、小規模の小売業者の間で紙ベースによる取引を好む傾向が強くなっていることが主な要因です。たとえば、米国政府は小売店での現金ベースの取引の促進に取り組んでいます。2019年2月、フィラデルフィア政府はキャッシュレスストアを禁止する法案を可決しました。

キャッシュレスベースのセルフチェックアウトシステムは、予測期間中に最も急成長すると予想されます。成長の主な要因は、電子決済の人気の高まりです。モバイルコマースへの傾向が強くなり、デジタル決済ソリューション利用の可能性が増えることも、キャッシュレスセルフチェックアウトシステムの採用を促進させる要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]