インスリンパッチポンプの市場規模、2020年から2027年までCAGR10.9%で拡大見込み 糖尿病の有病率の上昇や先進パッチポンプへの意識の高まりが市場の成長を促進

インスリンパッチポンプの市場規模は、2019年に7億6,850万米ドルに達し、2020年から2027年にかけては10.9%のCAGRで成長すると予想されています。高成長の主な要因は、糖尿病の有病率の上昇や先進パッチポンプについての意識の向上等と考えられています。1型糖尿病の人は、インスリン注入セットを携帯する必要がないため、インスリンパッチポンプを好みます。利便性が高いため、パッチポンプは高齢者や働く人々に好まれています。

この分野での技術の進歩と人工知能の使用は、従来のインスリンデリバリーデバイスの置き換えという点で、重要な役割を果たすと予想されています。

製品タイプ別では、再利用可能なインスリンパッチポンプセグメントが、採用の多さと高頻度の製品発売を要因として、2019年の市場を支配しました。再利用タイプのインスリンパッチポンプデバイスは柔軟性が高く、複雑なインスリン療法の提供を可能にします。使い捨てインスリンポンプは機械式ポンプで、簡易型デバイスとも呼ばれます。現在、ValeritasのV-GoやCeQurのPAQが市場を支配しています。米国と欧州で強い存在感を示しています。

地域別では、主なブランドのインスリンパッチポンプの入手が可能な北米で市場を支配しました。また、医療費の増加とFDA承認の頻度の増加も、北米地域の成長を支えています。

アジア太平洋地域は、糖尿病患者の急速な増加や、高度なデジタル糖尿病管理ソリューションに対する意識の向上などを要因として、最も速いペースで成長すると予想されています。インスリンパッチポンプ分野における製品の発売の増加と技術進歩が、アジア太平洋地域の成長を後押しすると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]