スマート電力メーターの市場規模、2020年から2027年CAGR7.8%で成長の見込み

世界のスマート電気メーター市場規模は、2019年100億米ドルとなり、2020年から2027年までCAGR7.8%で成長すると予想されています。スマート電気メーターシステムは、ピーク時の電力需要を下げるために使われます。また、エンドユーザーが簡単に消費電力をモニターし、電力の消費を減らすことができるようなります。

最終用途は、住宅、商業、および産業に分類されます。住宅用途部門には、郊外/都市のアパートと家屋が含まれます。商業用途部門は、すべての商業用建物と、ホテル、住宅用ロッジ、小規模から大規模のショッピング複合施設、オフィスなどが含まれます。産業用途部門は、製品製造施設と加工工場で構成されます。

スマート電力メーターの市場

商業用途部門は、規制、管理のフレームワーク、およびエネルギー消費と関連する経費の削減に関する意識の高まりを要因として、予測期間中、堅調な成長を示すと予想されます。2019年、住宅用途部門が世界の市場の大半を占めました。たとえば、米国エネルギー情報局によると、米国の電力会社は2018年に約8,680万のスマートメーターインフラを設置し、その約88%が住宅顧客向けでした。

アジア太平洋地域では、規制条件と標準化されたポリシーが要因となり、スマート電力メーターシステムが広く導入されています。アジア太平洋のスマートメーター市場は大幅な成長が見込まれおり、2020年から2027年にかけて売上はCAGR 9.1%で拡大すると予想されます。中国は、スマートグリッドの導入により、十分な蓄電能力を備えた持続可能なエネルギー管理を目指しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]