ホルモン補充療法の市場規模、2020年から2027年CAGR7.7%で拡大 アジア太平洋地域が最速で成長の予測

2019年のホルモン補充療法の市場規模は218億米ドルで、2020年から2027年のCAGRは7.7%と予測されています。この療法は、体内のホルモンが人体が適切に機能するために必要なレベルと比較して低下したときに、人体のホルモンを補充するために推奨されます。

閉経を含むホルモン不均衡による障害は、ホルモン補充療法の市場を牽引する重要な要素です。女性の体は、いくつかの種類のホルモンの変化を受けます。そうしたホルモンのレベルは年齢とともに変化し、さまざまな障害や疾患を引き起こします。

疾患のタイプ別では、予測期間中、更年期障害が最も急速に成長すると予想されます。

ホルモン補充療法の市場規模

さまざまなブランド医薬品とジェネリック医薬品の存在と女性の意識の高まりが、市場の牽引に重要な影響を与えると予測されます。

地域別2019年売上シェアでは、北米が最大のシェアを占めました。ドラッグデリバリーシステムの革新、新しい製剤の開発、北米におけるターゲット人口の増加などが要因となり、予測期間中、優位性を維持すると予想されます。アメリカ国立衛生研究所は、閉経後の女性の半数が少なくとも1回はホルモン補充療法を受けたとしています。一方、アジア太平洋地域では、2020年から2027年までの予測期間中、最も速い成長が見込まれています。ホルモン欠乏症の撲滅に向けた意識レベルの向上、そしてヘルスケアプロバイダーの注目の高まりが、アジア太平洋地域の市場成長を後押しすると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]