化学品流通の市場規模、2019年2,390億ドル 2020年から2027年までCAGR5.3%予測

世界の化学品流通の市場規模は2019年に2,390億米ドルとなり、2020年から2027年までのCAGRは5.3%になると予想されます。建設、製薬、ポリマー、樹脂などの最終用途産業全体で化学物質の消費量が増加し、顧客までの流通経路が非常に複雑になることで、今後数年間で化学品販売業者の機会が増えると予測されます。

化学品は、サードパーティーの販売業者によるエンドユーザーへの販売、または製造業者による直接販売で流通しています。サードパーティー販売業者は物流、包装、混合、廃棄物除去、在庫管理、そして技術トレーニングのような付加価値サービスのアウトソーシングを受託しているため、サードパーティー流通は、製造業者による直接販売よりも大幅な成長が見込まれます。

サードパーティーの販売業者は製造業者との激しい競争に直面することが予想されます。BASF SE、Arkema、Honeywell International、Lanxess AGなどの多国籍企業は投資資金が潤沢で、エンドユーザーと地理的に広く強いネットワークを持っています。さらに、直接販売チャネルで大幅な割引をして、サードパーティーの利益率を下げています。

特殊および汎用化合物は、繊維、自動車および輸送、工業製造などの一般的な最終用途の産業で広く使用されています。特殊化学品の特定用途には、農業、医薬品などがあり、汎用化学品は下流部門で特に使用されます。

Global chemical distribution Market

下流部門での汎用化学品の消費は、2019年の総売上の35.5%を占めました。

建設業界は2019年売上の35.6%以上を占めました。米国と中国の大気汚染状態へ警戒が、建設資材のイノベーションを推進し、スモッグ対策製品の開発につながりました。また、アジア太平洋全体の新興国での建設支出の増加を要因として、いくつかの用途で特殊化学品の需要が高まると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]