大麻抽出物の市場規模、医療用マリファナの増加で2020年から2027年CAGR16.6%で拡大の予測

大麻抽出物の市場規模は2019年に73億米ドルで、2020年から2027年のCAGRは16.6%と予想されます。この市場を牽引する主な要因は、うつ病、不安症、てんかんなどの精神疾患とともに、関節炎、アルツハイマー病、がんなどの慢性疾患の治療のための医療用マリファナの採用の増加です。市場の成長を推進すると予想される他の要因は、さまざまな国での医療用大麻の合法化の動きの高まりです。 医療およびレクリエーション目的でのマリファナの採用の増加により、市場全体が急成長しています。一部の国でのマリファナの合法化により、合法的なマリファナ製品の購入が増加し、闇市場での販売が減少しました。政府が課す税金も、国に収益創出の機会を生み出すことが期待されています。

大麻油とチンキ剤は一般的には、精神障害、吐き気、がんなどのさまざまな状態の治療に使用されます。カンナビジオール(CBD)オイルが非精神活性作用を持つことから、抽出物に関する法律は、芽や樹脂などの他の製品と比較すると非常に寛大なものとなっています。これらの製品は、蒸気またはグミの形で容易に摂取可能です。喫煙大麻に対する社会的偏見が徐々に減少するため、今後数年間で勢いが増し、需要が増加すると予想されます。 がんの罹患率の上昇も大麻抽出物の市場を牽引する重要な要素と予想されています。世界保健機関(WHO)によると、2015年、がんは世界で2番目に多い死因であり、世界では約880万人が死亡しています。慢性疼痛の疾患の増大に起因する疼痛管理治療の必要性は増加しており、近い将来、医療用マリファナ市場を牽引すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]