木質ペレットの市場規模、再生可能エネルギーへの意識の高まりで2020年から2027年までCAGR9.4%で成長の見込み

世界の木質ペレットの市場規模は、2019年88億8,000万米ドルと推定され、その売上は2020年から2027年までCAGR9.4%で成長すると予想されます。住宅および商業で使われる暖房での再生可能エネルギーの利用に対する意識の高まりは、需要を促進する可能性があります。

発電所の燃料としての木質ペレットの需要は、発電所の増加により、大幅な成長が見込まれています。中国は東部および広東省での石炭火力ボイラーの使用を禁止しています。中国東部や広東省地域での製品コストは低いことから、今後数年間は市場の成長を牽引すると予想されます。

発電業界からの木質ペレットの需要の増加は、予測期間中の市場成長を牽引すると予測されています。さらに、木質ペレットの高燃焼と相まって、再生可能エネルギー源による発電への意識の高まりは、製品の需要を拡大させると見込まれています。 市場のプレイヤーは、木質ペレット製造プロセスの効率を上げるための研究開発を行っています。最適な燃料投入量で高収率を達成するための先進的ペレットミルの設計開発、そして利用可能な原料から高い発熱量の木質ペレットを作るための広範な研究が行われています。これらすべての要因が、近い将来の市場成長にプラスの影響を与えると予想されます。 アジア太平洋地域は、2020年から2027年にかけて、日本、中国そして韓国政府の発電と熱電併給に有利な政策により、CAGR14.4%と地域別では最も速い成長が予想されています。さらに、インド、日本、中国での再生可能エネルギー分野の著しい発展と、発電所の増加により、木質ペレットの地域的な需要が高まると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]