モバイルマーケティングの市場規模、2019年650億6,000万米ドル、2020-2027年CAGR22.9%で拡大の見込み

2019年の世界のモバイルマーケティング市場規模は650億6,000万米ドルとなり、2020年から2027年はCAGR22.9%で成長すると予想されています。モバイルマーケティングは、スマートフォン、タブレットなどモバイルデバイスのEメール、SMS、MMS、ソーシャルメディア、ウェブサイトやアプリなどを介して、ターゲットユーザーにリーチするためのマルチチャネルのデジタルプロモーション活動です。Global Systems for Mobile Communications Association(GSMA)の調査によると、全モバイルユーザーの約75%が2025年末までにスマートフォンを使用することになります。中国やインドのような発展途上国における堅牢なインターネットの浸透と相まって、急速拡大中のスマートフォンとタブレットの採用が市場を大きく牽引すると予測されています。

ジオフェンシングは、無線周波数識別(RFID)と全地球測位システム(GPS)を使用して地理的な境界を定義する技術サービスです。企業・団体はモバイルアプリケーションから得たデータを分析し、消費者の好みを把握します。企業はこのデータを使用して、関連する製品やサービスをターゲット顧客に宣伝します。ロケーションベースのマーケティング(LBM)を活用するモバイルアプリケーションマーケティング担当者にとって、モバイルアプリケーションのジオフェンシングは便利な方法です。企業が効果的なキャンペーン戦略を設計し、販売と視聴者のエンゲージメントを促進するのに役立ちます。

さまざまな業界でのジオフェンシングの採用の増加が、予測期間にわたってモバイルマーケティング市場の大きな牽引材料になると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]