遺伝性検査の市場規模、2026年までCAGR6.3%で拡大の見込み

世界の遺伝性検査の市場規模は2019年に58億米ドルと評価され、予測期間中、CRGR6.3%で成長すると予測されています。

さまざまな遺伝性がん検査に関する製品とサービスの提供は拡大し続けています。最近この分野へ参入したQuestのような主要プレイヤーは、遺伝性検査市場を大きく牽引しています。遺伝性の乳がん検査を収益性の高いビジネスと考え、企業はこの分野での存在感を高めるためのビジネスに注力しています。

戦略の1つは、競合他社よりも低い価格での遺伝性検査を提供することです。たとえば、Color Genomicsは259米ドルで製品販売を開始しましたが、Myriadの同様の製品は約4,000米ドルです。手頃な価格の検査の増加は、この分野の主要な推進力のひとつです。さらに、BRCA1保因者の乳がん発症リスクは80%であることも、遺伝性がん検査市場の発展を加速させています。


一方、肺がんは主要ながんの一つですが、比較的製品数が少ないがんでもあります。これは、肺がんのほとんどの症例が遺伝性の遺伝子変異とは関係がないためです。


同様に、子宮頸がんでは、ほとんどの場合、遺伝子変異ではなく、ヒト・パピローマウイルス(HPV)が原因です。子宮頸がんの遺伝性に関する有効な証拠が不足していることが、この市場における研究活動を推進しています。

出生前検査は、関連するリスクに関係なく、ますます人気が高まっています。セルフリーDNA(cfDNA )ベースのNIPT検査は、Anthem Blue CrossおよびBlue Shield of Californiaによって医学的に必要であると見なされています。以前は、これらのプレイヤーは、母親の年齢やその他の要因を基にしてリスクが高いと考えられる妊娠でのみ、トリソミー21、18、13のcfDNA ベースのNIPT検査を推進していました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]