先端医療医薬品の市場規模、2027年までCAGR17.4%で拡大の見込み


世界の先端医療医薬品(ATMP)の市場規模は2019年に31億4,000万ドルとなり、予測期間中に17.4%のCAGRで拡大すると予測されています。生物学的療法の最近の進歩により、従来のワンサイズフィットのアプローチから、オーダーメード医療への段階的な移行がもたらされました。ATMPの展望は、この新しいトレンドが顕著な分野の一つです。これらの製品は治療の選択肢がほとんどなかった疾患に対する治療法を提供するとともに、市場を牽引する主な要因の一つでもあります。


ATMPの規制は現在、初期段階にありますが、常に発展している分野です。これらの治療法に対する新薬臨床試験(IND)開始届の申請数は増え続けています。Yescartaの承認後、生物学的製剤評価研究センターは2018年度に約150件の INDを受けました。The Alliance for Regenerative Medicine(ARM)によると、2019年1月までに全世界で、製品に対するATMP指定のために実施された臨床試験は、1,000件を超えました。

Luxturna、Yescarta 、およびKymriah の承認の後、この市場では、新規参入または新規領域開拓を目的としたいくつかの買収がありました。たとえば、Gilead Life ScienceによるKite Pharmaの買収、CelgeneによるJuno Therapeuticsの買収、およびNovartisによるAveXisの買収は、最近行われた注目すべき買収の一部です。これらの買収は、主要な製薬会社の先進医療医薬品への関心の高まりを示しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]