エネルギー・アズ・ア・サービス(EaaS)の市場規模、2027年まで14.6%で拡大の予測

エネルギー・アズ・ア・サービス(EaaS)の市場規模は、2019年には580億4,000万ドルに相当し、予測期間中14.6%のCAGRで拡大すると予想されます。分散型エネルギー供給(DER)の増加、エネルギー効率プロジェクトへの優遇税制優遇、公益事業の新たな収益創出ストリーム、再生可能エネルギーによる発電および蓄電ソリューションのコスト削減は、成長を促進する要因の一部です。再生可能エネルギーの潜在的な可能性の高まり、価格の変動性、およびエネルギー消費の増加も成長を牽引する重要な要因となっています。


EaaSの概念は、特に発展途上国では、まだ初期段階にあります。ほとんどのエネルギープロバイダーは、より多くの消費者を引き付けるために、パートナーシップや業務提携を選択しています。米国やカナダなどの先進国は、EaaS採用を促進するために政策と規制基準を定めています。

サービスによる分類では、EaaS市場は、需要、供給、最適化の3つに分けられます。需要サービスセグメントは、2019年に主要な市場シェアを維持し、予測期間中も市場をリードし続けると予想されます。価格の上昇に伴い、消費者はグリッドがない状態で強力なエネルギー供給を調達することを求めています。これが要因となり、近い将来に需要サービスセグメントの成長が加速すると予想されます。 一方、エネルギー最適化サービスセグメントは、予測期間にわたって最も速い成長速度を見せると予想されます。再生可能エネルギーを奨励するための政府の取り組みの高まりと、コスト抑制および省エネルギーの必要性は、今後数年間のセグメントの成長の前兆になると予想されます。

一方、エネルギー最適化サービスセグメントは、予測期間にわたって最も速い成長速度を見せると予想されます。再生可能エネルギーを奨励するための政府の取り組みの高まりと、コスト抑制および省エネルギーの必要性は、今後数年間のセグメントの成長の前兆になると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]