生コンクリートの市場規模、2020年から2027年のCAGR7.9%の見込み

世界のレディーミクストコンクリート(生コン)の2019年の市場規模は6,561億米ドルと推定されており、2020年から2027年にかけて売上ベースのCAGRは7.9%と予想されています。住宅、商業、産業、インフラセグメントの迅速な建設活動に対する需要の高まり生コンクリートの市場を牽引すると予想されます。また、メキシコ、中国、インド、シンガポール、韓国の経済における建設業界への投資の増加が、需要をサポートすると予想されます。

生コンクリートは、製造施設、住宅および商業ビル、発電施設、道路建設の建設に広く受け入れられています。急速な都市化と相まって、世界中のインフラセグメントでの開発は、予測される期間にわたって業界の成長を推進すると予想される主な要因です。

住宅建設は2019年の最大のアプリケーションセグメントであり、世界の売上のシェア34.3%を占めました。この部門は、アジア太平洋地域とヨーロッパの国々における一戸建て住宅の需要の増加により、予測期間中に高い成長を見せる可能性があります。

インドと中国の急速に増加する人口と上昇する可処分所得レベルは、今後数年間にわたって住宅構造の需要を後押しすると予想され、生コンクリートの市場に良い影響を与える可能性があります。

ショッピングモール、オフィスビル、ホテル、レストラン、施設の建物、病院、医療センター、スーパーマーケット、デパートなどの商業建設への支出増加は、生コンクリートの市場を支援する可能性があります。

インフラストラクチャの建設は、道路建設、ダム、節水システムの開発、および空港の拡張により、予測期間中に売上ベースでCAGR8.4%という最も急速な成長を遂げると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]