アロマディフューザーの市場規模、2020年―2020年CAGR9.2%で成長の予測

全世界のアロマセラピーディフューザーの市場規模は、2019年に15億9,000万米ドルと推定され、予測期間中の売上ベースのCAGRは9.2%と予想されます。市場は、健康的なライフスタイル維持の必要性と相まって、増加する消費者の可処分所得が牽引すると予想されます。さらに、エッセンシャルオイルの多くの健康上の利点が需要を後押しすると予測されています。

ストレス、うつ病、不安緩和のためのアロマセラピーのさまざまな利点に関する意識の高まりは、特に先進国で高くなっており、さまざまな種類のディフューザーの需要を後押しすると予想されます。ディフューザーを介したエッセンシャルオイルの吸入は、経口摂取または皮膚に直接塗布しない限り、直接的な副作用がないことが市場の主要な成長ドライバーとなっています。
米国は北米市場の過半数のシェアを占めています。超音波ディフューザーとネブライザーは、治療用オイルを保存する製品性能のおかげで、この地域のセラピストが広く使用している機器です。精油作物の栽培に関する有利な法令により、今後数年間、北米地域の製品需要が高まると予想されます。

オフィスでのリラックスした心地よい香りの環境へのニーズの高まりは、市場の製品数にプラスの影響を与える可能性があります。新興市場における最終用途産業の拡大も成長を推進する上で役割を果たしてきました。

精油の大量抽出による生態系の枯渇と、ディフューザー製造に使用されるプラスチックやガラスの廃棄に関する環境問題の高まりが、予測期間中の市場の成長を妨げると予想されます。課題克服のために、市場は、バイオベースのBPAフリープラスチックを使用した環境に配慮した製品の開発に焦点を移しています。