ペット用ウェアラブル端末の市場規模:2027年までCAGR14.3%で成長の見込み

世界のペットウェアラブル市場のサイズは2019年に16億米ドルと推定され、予測期間中は14.3%のCAGRで推移すると予測されています。インドや中国などの新興国での可処分所得の増加によるペットの支出の増加は、市場の成長を牽引する重要な要素の1つです。さらに、動物の健康に関する意識が高まることで、予測期間中の市場成長は大幅に加速すると予想されます。ペット向けのウェアラブルデバイスにおけるIoTの統合は、ペットの医療や医療診断に大きな影響を与えることも予想されます。

ペット用ウェアラブル市場

ペット向けウェアラブルデバイスは、RFIDセンサー、GPSトラッカー、モーションセンサー、Bluetooth、加速度センサー、カメラ、送信機、アンテナなどのテクノロジーを使用しています。

RFIDセグメントは、2019年にペットウェアラブル市場を独占し、市場規模は6億3,440万ドルでした。RFIDベースのペットウェアラブルデバイスをセンサーと一緒に使用することで、体温、脈拍、心拍数変動(HRV)、呼吸、カロリー摂取量、位置などの健康関連パラメーターを1日中、正確かつ継続的に追跡できます。さらに、Wi-Fi対応RFIDデバイスは採用が進み、ペットの位置を常に追跡するサービスで一般的に使用されています。ペットの安全とセキュリティに関する懸念の高まりとともに、これらのウェアラブルの需要は増加すると予想されます。

GPSベースのテクノロジーセグメントは、セキュリティおよびモニタリングのためのペットウェアラブルデバイスの需要の増加により、予測期間中のCAGRは最も高い14.9%になると推定されています。ペット追跡用の統合デバイスとソフトウェアプラットフォームを介した双方向通信の需要は、今後10年間で顧客の注目を集めると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]