パーソナルモビリティデバイスの市場規模、2027年までCAGR6.5%超で成長予測

世界のパーソナルモビリティデバイスの市場規模は2019年に108億米ドルとなり、予測期間中のCAGRは6.5%超になると予想されます。障害者数、製品開発ならび四肢の障害を引き起こす事故の数の増加は、市場を牽引する要因の一部です。世界的な高齢化と慢性疾患の急増も、パーソナルモビリティデバイスの需要を高めています。


パーソナルモビリティデバイスは、自立した生活を促進し、障害の程度を軽減することを目的として、公共事業部門に提供されます。モビリティデバイスの技術進歩は、この市場の最も重要な推進要因の1つです。トランスファーリフト、モビリティスクーター、自動歩行器の導入により、モビリティデバイスの使用率が大幅に向上すると予想されています。


車椅子は最も一般的な福祉機器の1つであり、グローバルなパーソナルモビリティデバイス市場で圧倒的なシェアを占めています。国連は、これらのモビリティデバイスの開発、製造、流通、およびサービス等のサポートを加盟国に要請するための適切な法案を規定しています。適切な車椅子を提供することで、動き易さと生活の質が向上し、肢体の変形や褥瘡の進行などの一般的な問題が軽減されるだけでなく、消化と呼吸が改善されます。

歩行補助セグメントの予測期間中のCAGRは6.8%と予想されます。WHOが2011年に発表した推定によると、人口の約18.0%が歩行時に中程度、極端、または重度の困難を経験しています。人口、特に高齢者人口が増加するにつれて、歩行補助装置などのパーソナルモビリティデバイスの需要も予測期間中に増加します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]