ベチバー油の市場規模、数量ベースで2020年から2027年までCAGR7.8%で成長の見込み

最終用途産業によるフレーバーとフレグランスの需要、香水、および食品と飲料は、市場を牽引

世界のベチバー油市場の需要は、2019年に408.8トンと推定されています。2020年から2027年までの数量ベースのCAGRは7.8%と予測されています。

スモーキーでウッディなアロマにより、香料メーカーの間でベチバー油の需要が高まっています。製品の化学組成とアルコールへの溶解性により、混和性が向上し、香水のユニークな成分となることが期待されています。

ベチバー油とそれに由来するフレグランスの生産に必要な原材料は、自然災害、病気の発生、農業方式の変化、政治的混乱の影響を非常に受けやすくなっています。ベチバーは研究室で人工的に合成することができず、植物物質由来でのみ製造されます。さらに、農業に関する厳しい規制、これらの事業の深刻な環境への影響も相まって、農業活動が制限され、ベチバー油生産のための原材料の供給が減少しました。

ベチバー油は、その抗菌性、抗脂性などの特性により、家庭用クリーニング製品に広く利用されています。自然の洗浄レシピにこのエッセンシャルオイルを使用すると、抗菌性があるため、有毒な化学物質、汚れ、細菌のない環境を構築できます。家庭用クリーニング製品メーカーによる万能クリーナーへの採用の増加傾向が、ベチバー油市場をさらに推進すると予想されます。

主な市場のプレイヤーには、Aromatic Herbals Private Limited、Unicode SA、Frager SA、Manohar Botanical Extracts Pvt、Rajkeerth Aromatics and Biotech Pvt. Ltd., Imperial Extracts, and Amphora Aromatics Ltd.が含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]