溶接用品市場規模 2020年から2027年CAGR6.2%で成長の予測、アジア太平洋地域では自動車産業の拡大が市場を牽引

世界の溶接用品の市場規模は、2019年には140億9,000万米ドルと推定され、2020年から2027年にかけての売上ベースのCAGRは6.2%と予測されています。設計の柔軟性、建築構造物の総重量の削減、変更の容易性などが、建設および産業用途の需要を促進すると予測されています。

U.S. welding products Market

2019年の溶接製品市場の最大の製品セグメントは被覆アーク溶接棒で、売上シェアは36.6%を占めました。金属を損傷から保護し、溶接強度を向上させるための金属接合用フィラー材としての被膜アーク溶接棒の使用がこのセグメントの市場の拡大をもたらすと予測されています。

ソリッドワイヤーセグメントの市場規模は2019年に44億8,000米ドルとなり、2020年から2027年にかけてCAGR 5.8%で拡大すると予測されています。

ソーワイヤー・フラックスは、溶融池と反応して、求められる特性を持つ高品質の金属を提供します。このため、探査プラットフォーム、圧力容器、海洋掘削プラットフォーム、溶接後の熱処理などで利用が促進されています。これらの製造でのソーワイヤー・フラックスの使用は今後も拡大し、このセグメントの成長を後押しすると予想されています。

地域別でみると、アジア太平洋地域市場は、自動車産業の急速な拡大により、予測期間中、最も高い成長を見せると予想されます。

日産リーフ、トヨタプリウスPHVなどの手頃な価格でエネルギー効率の高いプラグイン車への消費者の好みの変遷で、電気自動車・ハイブリッド車需要の増加が、自動車産業を牽引し、結果として、予測期間中、溶接製品市場にも良い影響を与えると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]