ウイルスベクター・プラスミドDNA製造の市場規模は、3億6830万米ドルに到達、2027年までCAGR14.52%で拡大予測

世界のウイルスベクター・プラスミドDNA製造の市場規模は、2019年に3億6830万米ドルに達し、2020年から2027年の予測期間中にCAGR14.52%で拡大すると予測されています。様々なウイルスおよび非ウイルスベクターを使用した遺伝子治療など、先進的な方法の出現により、遺伝性疾患や後天性疾患に治療の道が開かれました。ノバルティス社のゾルゲンスマが承認された後、製薬会社は新しい治療分野を持続可能なビジネスモデルとして検討し始めています。この加速する投資が成長の原動力になると予測されています。

高いトランスフェクション効率、効果的な遺伝子導入、安定した遺伝子発現により、ウイルスベクターは遺伝子導入に適した選択肢となっています。遺伝子導入におけるウイルスベクターへの需要は、ウイルスベクターを媒介とした遺伝子治療に関する臨床試験の登録が増加していることからも明らかです。

先進治療薬(ATMPs)の臨床上の利点に着目した市場関係者は、課題を克服し、ATMPsの使用を促進するための方法を常に追及しています。さらに、食品医薬品局(FDA)により発表された、細胞・遺伝子治療分野の規制改善は、ATMPへの期待を裏付けるものとなっています。

大規模臨床試験に必要な大量のベクター生産には、高価で規制の厳しいプロセスが必要であることが、業界の専門家の間では大きな課題として挙げられています。また、ベクター製造の規模、複雑さ、品質保証などの専門知識の不足などが、企業内での製造に課題を与えています。委託製造業者の増加により幅広いサービスが提供され、ベクター製造の問題に対処することで、市場の成長が牽引されています。

ワークフローの洞察

安全な治療法に対する需要を満たすベクターの必要性により、上流工程と下流工程のワークフローを最適化する必要性が明らかになっています。小規模なウイルスの準備調整では、スケールアップが難しく、多くの場合手間がかかると見なされる傾向があります。

これにより、拡張性のある商用プロセスの調査と最適化が行われ、重要な品質特性を維持しながらウイルスの量を確保しています。臨床グレードの最終製品の研磨および精製のために実施された複雑な手順により、下流工程の処理が大きなシェアを占めるようになりました。さらに、精製技術の高い価格設定により、この部門での収益を生み出しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]