皮膚科用機器の市場規模、2019年に118億米ドル到達、2027年まで15.1%のCAGRで成長予測

2019年の世界の皮膚科用機器の市場規模は118億米ドルに達しました。同市場は、2027年までの予測期間中に15.1%のCAGRで成長すると予測されています。皮膚がんやその他皮膚疾患の有病率の増加は、皮膚科用機器の需要に大きく貢献しています。さらに、美容整形に対する意識の高まりと、技術的進歩が、その利用を後押ししています。可処分所得の増加も、市場を牽引する重要な要因と考えられています。

メラノーマと非メラノーマの皮膚がんの有病率が大幅に上昇しています。皮膚がん財団によると、米国では毎年約1万130人がメラノーマのために死亡しています。さらに、米国がん協会の統計によると、米国では2018年に約9万1270人の新たなメラノーマ症例の診断が予想されています。さらに、アメリカ皮膚科学会(AAD)は、アメリカ人の3人に1人が皮膚科を受診し、4人に1人が毎年皮膚病にかかっていると推定しています。そのため、皮膚疾患の迅速な診断と治療のニーズが高まっており、皮膚科用機器の需要を牽引しています。

美容意識の高まりにより、皮膚科用機器の市場は急速に成長しています。すべての年齢層の人々が自分の外見に関心を持っています。特に、肌の若返りの治療が人気を集めています。技術的に進歩した皮膚科用機器への移行は、さまざまな皮膚疾患の診断と治療に役立ち、美容の技術も向上させています。高度なレーザー治療の導入は、市場の高い需要につながっています。

さらに、年齢によるシミや黒ずみを除去するための先進的な皮膚科機器の導入が製品需要を牽引すると予想されています。マイクロダーマブレーション(ダイヤモンドピーリング)などの処置は、全体的な肌のトーンを一新し、傷跡やシワなどの状態を改善するために使用されます。これらの施術に対する認知度の向上が皮膚科処置の需要を牽引し、その後の皮膚科機器の需要増加につながると予想されています。

製品の洞察

治療機器の中で、レーザーは2019年に最大のシェアを占め、いくつかの美容処置に広く採用されているため、大幅な成長が見込まれています。一方、ダーマスコープ(特殊拡大鏡)は、癌性病変の診断に効果的に役立つため、2019年に診断装置部門を占有しています。

アプリケーションの洞察

皮膚がん診断は、疾患の有病率の上昇と早期発見の重要性により、市場が拡大すると予想されています。治療機器の中で脱毛機器は、需要の高まりと費用対効果から、2019年に最も収益を上げました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]