行動/メンタルヘルスケアソフトウェア・サービスの市場規模、2020年から2027年CAGR11.1%で拡大の見込み

グローバルな行動/メンタルヘルスケアソフトウェア・サービスの市場規模は、2019年に21億米ドルとなり、2020年から2027年の予測期間中に11.1%のCAGRで拡大すると予想されます。ヘルスケアプロバイダーによる管理ソフトウェアの採用は、メンタルヘルスの治療を改善すると見込まれています。統合電子カルテ(EHR)の採用は、効率のよい診療管理とコスト削減という点において、医療現場の問題解決の役に立ちます。遠隔メンタルヘルスには、テレビ会議を介して離れた場所にいる患者との連絡が含まれます。

行動/メンタルヘルスケアソフトウェア・サービス

リアルタイムのモニタリングシステムの利用で、患者と医療提供者との間のコミュニケーションが促進されるとともに、特に薬物使用症例やメンタルヘルス情報といった情報の共有や機密保持という障壁の克服も促します。

コンポーネント別では、ソフトウェア部門が2019年の行動/メンタルヘルスケアソフトウェア・サービス市場を占有しました。

デリバリーモデル別で分類すると、オーナーシップとサブスクリプションの二つで提供されています。サブスクリプションサービスは、2019年に市場シェアの大部分を占め、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予測されています。

最終用途では、この市場はプロバイダー部門、支払者部門、および患者部門に分類され、プロバイダー部門が2019年の売上の最大​​シェアを占めました。メンタルヘルスケアに特化したEHRプロバイダーは限られているため、ソフトウェアサプライヤーに対する需要が大きく増加するでしょう。費用の返還シナリオの改善を要因として、支払者部門が予測期間にわたって最速の成長をみせる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]