可変周波数ドライブ(VFD)の市場規模 インフラ開発投資が牽引し、2020年から2027年CAGR6.5%で成長予測

世界の可変周波数ドライブ(VFD)の市場規模は、2019年に225億米ドルと推定されており、2020年から2027年にかけてのCAGRは6.5%と予測されています。インフラ開発への投資の増加と各産業でのVFDの使用の増加は、VFD市場の成長を促進する重要な要素となっています。また、技術的進歩と併せて、商業、産業、および住宅分野におけるコネクテッドデバイスの普及拡大により、VFD需要が世界的に急増すると予想されています。

Global variable frequency drive market

最終用途別では、VFD市場は石油・ガス、産業、発電、インフラ、食品・飲料、自動車などに分けられます。石油・ガス部門は、予測期間中、最大のシェアを維持すると予測されています。

インフラ部門は、建設業界における可変周波数ドライブの需要が増加し、2020年から2027年にかけてCAGR7.8%で拡大すると予測されています。建設業界においては油圧および機械式ドライブの電気モーターの継続的な置き換えが行われています。各国政府が設定した省エネ目標を達成するため省エネデバイス需要を大きく成長すると予想されています。 

主要な業界プレーヤーには、ABB、Eaton、General Electric、株式会社日立製作所、Rockwell Automation, Inc.、Schneider Electric、Siemens AG、The Danfoss Group、WEG S.A.、株式会社安川電機などが含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]