航空宇宙・防衛向け材料市場規模、2020年から2027年のCAGRは4.0%、チタンが最速成長率の予測

世界の航空宇宙および防衛向け材料の2019年の市場規模は、207億4,000万米ドルと推定され、2020年から2027年の間はCAGR4.0%で成長すると予測されています。老朽化した航空機の置き換えの増加は新しい航空機の製造を後押しし、その結果、航空宇宙・防衛材向け材料の市場成長を牽引すると予想されていまます。航空機のコスト効率と環境性能を改善するために、市場では、軽量材料の需要が高まると予想されています。

米国にはボーイング、ユナイテッドテクノロジーズ、ロッキードマーティンなどの主要な航空機メーカーがあるため、米国が航空宇宙・防向け材料の市場を占有すると予想されます。予測期間中の成長の主な牽引要因は、高品質製品の生産技術力となるでしょう。

U.S. aerospace & defense materials Market

アルミニウム合金の採用の増加を要因として、製品別ではアルミニウムが、航空宇宙・防衛向け材料市場の46.6%を占めました。アルミニウムは耐熱性や耐食性などの優れた特性を備えているため、航空構造部品の製造によく使われています。機体総重量と燃料消費量の削減のために、航空機の内装部品にアルミが使用されることで、需要が推進されると予想されています。

鋼は、炭素、クロム、ニッケルなどの多くの金属と組み合わせて、硬度、降伏強度や耐食性を強化して様々なグレードで利用されています。

チタンは、複合材との互換性を持つため、予測期間にわたって売上ベースのCAGRで最速の4.8%で拡大すると予想されます。また、軽量、高強度、および優れた耐食性といった特性から、重要な航空機部品の製造の需要で利用が拡大すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]