徐放性ドラッグデリバリー市場規模、2020年から2027年のCAGR7.8%、アジア大洋地域は最大の成長率の見込み

2019年の世界の徐放性ドラッグデリバリーの市場規模は378億米ドルとなり、2020年から2027年は7.8%のCAGRで成長すると予想されています。処方パターンの変化と、従来のドラッグデリバリーシステムよりも徐放性ドラッグデリバリーシステムが医師に好まれることが、主要な成長ドライバーです。高い治療効果、患者のコンプライアンスの向上、治療費の削減などの利点が成長に貢献すると予想されます。また、製薬会社は、変化する要件に積極的に取り組み、徐放性ドラッグデリバリーシステム開発に継続的に投資しており、需要を大きく成長させています。

用途別では、この市場は注射剤、薬剤溶出ステント、経口制御、経皮的・眼帯、輸液ポンプ、および定量吸入器に分けられます。経口制御セグメントは、頻繁な使用と可用性により、2019年の売上を牽引しました。

定量吸入器は、予測期間中、著しいCAGRでの成長が予想されており、高い利益が期待されるセグメントです。呼吸器疾患の有病率の上昇、技術の進歩などが、今後数年間の成長の推進力になると予想されています。

注射剤は、製品の多様性、そして、さまざまな疾患の治療での使用を要因として、2019年に大きな市場シェアを占めました。

北米では、R&Dへの投資の増加、徐放性ドラッグデリバリー開発を支援する政府の取り組みにより、市場の成長が促進されると期待されています。さらに、著名な市場プレイヤーの存在が製品の採用を促進しています。

アジア太平洋地域は、予測期間中に最高のCAGRで成長する予測となっています。特にインドと中国での製薬業界の発展により、アジア太平洋地域は世界的な注目を集めています。日本に高齢者が多いことも、製品採用のきっかけとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]