バイオセンサー市場規模、2020年から2027年CAGR7.9%で成長 農業用途が最速成長の見込み

世界のバイオセンサーの市場規模は、2019年に196億米ドルとなり、2020年から2027年にかけて7.9%のCAGRで成長すると見込まれています。医療分野におけるさまざまな用途、糖尿病患者数の増加、小型診断装置の高需要、および急速な技術進歩を要因として、バイオセンサーの需要は増加しています。

Canada biosensors Market
バイオセンサー市場

用途別では、2019年には、医療セグメントがバイオセンサー市場の大半を占め、売上シェアの約66.5%を占有しました。バイオセンサーは、糖尿病からがんまで、広範囲にわたる医療環境での検査およびモニタリングに不可欠なツールとして考えられています。

農業セグメントは予測期間中、最も速い成長をみせると予想されています。バイオセンサーは、自然の脅威やバイオテロによる家畜および作物の損失を減らすために利用されます。既存技術と比較して、さまざまな真菌の特異的検出を迅速に行います。この装置は、農薬、重金属および除草剤、そして土壌と地下水に含まれる農薬などの濃度を測定するために使用されます。また、従来の技術では実現できなかった土壌病害の発生予測にも有効で、土壌病害の早期除染と予防のための信頼できる先進的な方法となっています。これらのメリットは、バイオセンサーの市場成長に貢献しています。

主要なプレーヤーには、AZUR Environmental、Abbott Laboratories、Biosensor BV、Bayer AG、Cranfield Biotechnology Centre、Pinnacle Technologies Inc.、 DuPont Biosensor Materials、Ercon, Inc.、EG and IC Sensors, Inc.、Johnson and Johnson、Innovative Biosensors Inc.、LifeScan, Inc.、Strategic Diagnostics、シスメックス株式会社、Molecular Devices Corp.、QTL Biosystems、Roche Diagnosticsが含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]