前臨床CROの2019年の市場規模は41億米ドル、2020年から2027年はCAGR8.3%で拡大予測

世界の前臨床CRO(開発業務受託機関)市場規模は2019年に41億米ドルとなり、2020年から2027年は8.3%のCAGRで拡大すると予測されています。医薬品の研究開発予算は近年増加し、前臨床CROサービスの需要が強まっているため、予測期間中、市場の成長が加速すると予想されます。

CROサービスへの支出の増加は、予測期間中の市場成長に大きく貢献することが予想されます。Servier Research Instituteによる2017年の調査によると、失敗に終わった前臨床段階の試験の約50%は毒性試験によるものでした。この結果は、今後数年間、前臨床CROサービスの需要を促進すると予測されています。また、最近、前臨床CROサービスに関連する規制がヨーロッパで変更されたことで、毒性試験の需要が高まり、地域市場の成長に貢献すると見込まれています。

U.S. Preclinical CRO Market

前臨床CRO市場はサービスタイプ別に、バイオアナリシスおよびDMPK研究、毒性試験などに分類されます。毒性試験は、治験薬(IND)を可能にする研究の重要な部分であるため、市場で最大のシェアを持っています。

2019年のバイオアナリシスとDMPK研究セグメントの市場シェアは22.8%でした。毒性試験をサポートするための薬物動態学的サービスへの需要の増加により、このセグメントは成長すると予測されています。

地域別では、北米が2019年に市場を独占しました。医療機器のR&Dならびに新技術の採用の増加により、予測期間を通じて今後もシェアを維持すると予想されます。インドや中国などにおける前臨床CROの費用対効果が、アジア太平洋地域市場の成長を牽引すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]