米国のセクシャルウェルネス、2019年の市場規模は70億米ドル、2020年から2027年CAGR8.3%で成長の予測 性感染症とHIV感染が成長を牽引

米国のセクシャルウェルネスの市場規模は2019年に70億米ドルとなり、2020年から2027年にかけてのCAGRは8.3%と予測されています。性感染症(STD)とHIV感染の有病率の上昇により、市場は今後数年間、成長を続けると予測されます。政府のイニシアチブや避妊薬の使用促進に参加しているNGOの増加が、市場の成長を後押しすると予想されます。

性的探究や、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、およびクィア(LGBTQ +)コミュニティに対する受容が進むことが、米国のセクシャルウェルネス市場の成長を促進すると予想されます。個人の衛生に対する関心の高さも、市場を牽引する要因のひとつです。オンラインショッピングやeコマースを簡単に使用できるようになり、製品が周囲に気づかれないように届けられるようになったことで、販売はさらに促進されました。

U.S. sexual wellness Market

米国のセクシャルウェルネス市場は製品別に、性具、コンドーム、および個人用潤滑剤に分けられます。性具が2019年の市場を支配しました。セックスポジティブ運動などのイニシアチブは、年齢、性別、社会構造の固定観念打破の一助となり、LGBTQ+のような性的マイノリティの受容も、バイブレーターやその他のセックスアクセサリーの使用を促進しています。

加齢は、膣の乾燥や勃起不全などの変化につながることが多く、ストレス、慢性的な痛み、ライフスタイルの変化、慢性的な病気などの問題も伴い、パートナー間の親密さを損なう可能性があります。潤滑剤の使用は問題を軽減することができ、年齢の高いコホートに好まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]