救急サービスの市場規模、2020年から2027年CAGR9.3%、アジア太平洋地域が急成長の予測

世界の救急サービスの市場規模は2019年に246億米ドルとなり、2020年から2027年のCAGRは9.3%と予測されています。主な市場の牽引要因のひとつである交通事故は急速に増加しており、交通事故では直ちに医師の診察と救急サービスが必要となります。

この市場は機器別では、基本的な一次救命処置サービス(BLS)と二次救命処置サービス(ALS)に分けられます。BLSサービスは、生命維持サービスに対する意識の高まり、心血管障害の高発生率、および技術的に進歩した機器と訓練を受けた人材の増加を要因として、急速な成長が見込まれます。ALSはBLSの延長であり、適切な換気と気道を確保し、必要な医療モニタリング、薬物療法、およびIV療法を提供します。心停止状態にも対応します。

急サービスの市場

地域別では、北米は2019年、市場で最大のシェアを占めました。アジア太平洋地域は、予測期間中、最も速い成長率が予測されています。未開発のアジア太平洋市場の潜在性、医療施設の改善、交通事故の増加などが、市場の成長を促進する要因となると見込まれています。政府が医療インフラ開発への支出は増加させており、この地域の医療のアクセシビリティの向上と医療費負担の改善も市場を促進させる可能性があります。

主要な企業は、合併や買収、製品発売、パートナーシップ、地理的拡大などのさまざまな戦略を採用して、市場での基盤を強化しています。たとえば、2017年9月、BVG India Limitedとインドのアンドラプラデシ州政府は、州内の緊急医療施設で協力し、州全体で467台の救急車を提供しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]