自動試験装置の市場 自動車用電子部品、コネクテッドデバイス需要が牽引し、市場拡大予測:電子部品の小型化が導入を促進

世界の自動試験装置の市場規模は、2019年には66億1,000万ドルとなり、2020年から2027年の予測期間中に大幅な成長が見込まれています。自動車および半導体業界での自動試験装置(ATE)の利用が市場成長を牽引しています。コネクテッドデバイスや家庭用電化製品の台数の大幅な増加と、エンドツーエンドのテストソリューションによる品質向上への企業の関心の高まりは、市場をさらに牽引すると予想されます。

自動試験装置の市場

System on Chip(SoC)採用の増加と家庭用電化製品の高需要は、予測期間中のATE市場の主要な推進力になると予想されます。自動車部門における電子部品の成長とスマートフォンの普及が市場を牽引すると予想されます。小型化により、ATEアプリケーションの範囲が広がりました。さらに、設計の複雑さと効果的な試験の必要性から、技術進歩が市場を刺激することが予想されます。 

自動テスト機器市場は製品別では、非メモリ、メモリ、ディスクリートの3つに分類されます。IoTデバイスと自動運転車の最近のイノベーションと防衛・航空宇宙部門での大きな進歩が市場のダイナミクスを劇的に変化させました。企業は、製品化までの時間を短縮しつつ、優れた製品品質と低い試験コストを実現することで、顧客の満足度の向上に注力しています。これらの要因は、市場成長の重要な牽引材料となっています。

2019年の市場では、非メモリATEが最大シェアを占めました。半導体企業は、試験コストの削減に重点を置き、成長促進の主な要因のひとつである社内開発ではなく、試験プロセスに外部委託機器の採用を検討しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]