クリーンルーム技術の市場規模、2019年37億米ドル 製品タイプ別では手袋が最大売上シェアを獲得

世界のクリーンルームテクノロジーの市場規模は、2019年に37億米ドルに達し、2020年から2027年にかけてのCAGRは3.8%になると予想されています。技術の進歩、厳しい規制基準、および高品質な製品を開発する製薬会社やバイオ医薬品会社における需要の増加は、クリーンルーム技術市場を活性化させる主要な要因となっています。

North America cleanroom technology market

クリーンルームに関連する技術の進歩は、予測期間にわたってクリーンルーム技術市場を牽引すると予想されます。クリーンルーム技術は、従来の建設的なものからモジュール式の柔軟なクリーンルームに移行しました。要件ごとの再構成、迅速な設置、費用対効果などの利点は、さまざまな業界のモジュール式クリーンルームの需要を後押しする重要な要素となっています。

クリーンルーム技術市場は製品タイプによって、消耗品と機器セグメントに分けられます。消耗品は、フェイスマスク、あごひげカバー、手袋、ワイパー、綿棒、粘着マット、粘着テープなどの使い捨ておよび再利用可能な素材で構成されています。これらの消耗品は、清浄度基準を維持する上で重要な役割を果たします。消耗品を使用することで、手、靴、ひげ、髪の毛による汚染を確実に防止できます。

手袋は、2019年のクリーンルームテクノロジー市場で最大の売上シェアを占めました。手袋を着用する主な目的は、汚染を減らすことです。製薬、医療機器、バイオテクノロジー産業、診断センターなどのさまざまな産業における使用の増加を要因として、手袋の需要は急増すると予想されます。

機器セグメントは、予測期間中、クリーンルーム技術市場で有利な成長を示すと予想されます。機器は空気汚染を制限するように設計されているため、規制基準に準拠した清浄度を維持するのに役立ちます。また、クリーンルーム機器は、粒子状汚染物質の侵入を最小限に抑えます。ヘルスケア部門で厳しい規制が設けられることを要因として、これらの機器の設置は、予測期間中に増加すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]