パーソナルケア用品受託製造、2019年の市場規模は181億米ドル 2027年までCAGR6.1%で成長予測

パーソナルケア用品受託製造の市場規模は、2019年に181億米ドルに達し、2027年までの予測期間中、6.1%のCAGRで成長する見込みです。パーソナルケア製品を製造する企業の焦点が、自社生産から製品の研究開発やその他の販売促進活動にも広がっていることが、これらの製品の受託製造を後押しすると予測されています。

受託製造の現地化の利点として、リードタイム(発注から納品までに必要とされる時間)の短縮があります。さらに、物流コストの削減により、委託会社の利益が増加することも、市場の需要を牽引しています。

米国では、エスティローダー、ジョンソン・エンド・ジョンソン、プロクター・アンド・ギャンブルなどのパーソナルケア企業の強力な生産拠点の存在が、米国市場にプラスの影響を与えると予想されています。パーソナルケア製品の製造に携わる企業による自社製品の発売は、米国での受託製造およびパッケージングの需要をさらに推進すると予想されます。

中国、インド、中東の新興市場では、可処分所得の上昇と共に身だしなみと衛生に関連する意識が高まり、パーソナルケア製品の受託製造市場の成長が期待されています。また、熟練労働者を経済的な賃金で提供することで製造業を支援するSkill Indiaなどの政府の取り組みも、この地域の市場を後押しするものと期待されています。

受託製造は競争が激しく、利益率の低いビジネスであるため、積極的に管理する必要があります。多数の受託製造業者が自らの利益を削って、メーカーに有利な取引を提供しているため、このビジネスは収益性が非常に低いものとなっています。投資コストの高さと低利益率が事業のリスク要因となっており、市場の大きな制約要因となっています。

アジア太平洋地域は、急速な成長が予測されています。日本の先進的な生産業は、研究開発やこれまで培った手法により、高度なインフラと高度な技術が利用可能となるため、市場を牽引すると予想されています。

欧州市場は2番目に急成長しており、2019年の売上高シェアは21.0%と推定されています。特にドイツ、イタリア、フランス、スペイン、英国では、消費者の身だしなみへの関心の高さから、パーソナルケア製品への需要が市場を牽引すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]