薬事業務アウトソーシング市場規模、2020年から2027年にかけてCAGR11.9%で拡大の予測、薬事ライティング・パブリッシングが市場を牽引

2019年の世界の薬事業務アウトソーシングの市場規模は推定63億米ドルで、2020年から2027年までCAGR11.9%で市場は成長すると見込まれます。迅速な承認を目指す企業による地理的なビジネス拡大の活動が増え、薬事業務サービスのアウトソーシングモデルの採用が促進されると予想されています。薬事業務のアウトソーシング市場は、研究開発活動、臨床試験アプリケーション、製品登録、および医薬品パイプラインの増加を要因として、急速に拡大しています。

U.S. regulatory affairs outsourcing market
薬事業務アウトソーシング市場

サービスのタイプ別では、薬事ライティング・パブリッシングが市場をリードし、2019年に最大の売上シェアを占めました。

医療機器企業のグローバル化を起因とした世界中の法定代理人需要が強まり、法的代理人サービスは予測期間にわたって最速の成長を見せると予想されています。

地域別の市場分析では、2019年にアジア太平洋地域が主導しており、予測期間中に最速で成長すると予想されています。アジア太平洋地域の市場成長は、人件費の低さや熟練した労働力の増加などを要因とすると見込まれています。臨床試験の増加、そしてインドや中国などの国の市場への参入を目指す企業の増加などが、薬事事務アウトソーシング市場に貢献すると予想されています。

世界の医療機器の半分以上を規制する主要国際機関である欧州医薬品庁(EMA)と米国食品医薬品局(FDA)がそれぞれヨーロッパと北米にあるため、これらの地域は薬事事務アウトソーシング市場の主要市場になると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]