ファーマコビジランスの市場規模、48億7000万米ドルと推定 製造業者のアウトソーシングの利用も市場拡大に貢献

ファーマコビジランス市場規模は2019年に48億7000万米ドルに達し、CAGR13.2%で成長すると予測されています。癌性疾患、糖尿病、心血管疾患、呼吸器疾患などの慢性疾患の罹患率の増加は、世界的な薬剤消費の増加につながっています。これに伴い、大規模な臨床試験を通じた新薬開発の需要が高まっています。創薬・開発の過程では、ファーマコビジランスは避けて通れないものとなっています。また、ADR(Adverse Drug Reactions)の発生率の増加により、これらのサービスの需要が加速すると予想されています。

市場に新しい分子を導入するための競争環境の存在は、製造業務の改善、ファーマコビジランス、臨床データ管理、合理化された研究開発、メディカルライティングに対する高い需要につながっています。製造業者は、コスト削減のための実行可能なツールとして、アウトソーシングを急速に検討しています。アウトソーシングは、社内リソースの柔軟性を高め、スケジュールを改善し、短期的にも長期的にもより良い結果を得るのに役立ちます。また、規制遵守、品質の向上、生産性の向上、戦略的意思決定の改善など、より良いファーマコビジランスの実現にも役立ちます。

ファーマコビジランス実践におけるマネジメント改善のための政府の取り組みが増えています。例えば、2018年には、DIAがファーマコビジランスに関わるリスク戦略と医薬品安全性をテーマにしたカンファレンスを開催しました。欧州医薬品庁(EMA)は、新たなレジストリーの設立を促進し、既存のレジストリーをより有効に活用することを目的に「患者レジストリーイニシアティブ」を実施しました。このような取り組みが、今後の市場成長を牽引すると予想されています。また、国際ファーマコビジランス学会(ISoP)のような非営利団体によるファーマコビジランスに関する啓蒙活動は、医薬品の適正かつ安全な使用を促進するためのサービスを促進すると期待されています。

さらに、臨床試験の実施や製造販売後の警戒に関する規制が、近い将来需要に拍車をかけると予想されています。例えば、欧州医薬品庁(EMA)や米国食品医薬品局(FDA)では、臨床試験の全段階を対象とした規制ガイドラインを策定しています。ADRデータベースや情報システムの開発が進み、正確な情報を報告できるようになったことで、研究者がさらに前向きな研究に活用できるようになり、ファーマコビジランス全体の需要が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]