電子受託製造および設計サービスの市場規模、2020年から2027年CAGR8.5%で成長の見込み

 グローバルな電子機器受託製造および設計サービスの市場規模は、2019年に4,170億米ドルとなり、2020年から2027年にかけてCAGR 8.5%で成長すると予測されています。

電子機器製造は、2019年の主要なサービスカテゴリであり、全体の売上のシェア44%以上を占めました。一方で、電子設計・エンジニアリング部門はOEM設計のアウトソーシングの急増を受けて、予測期間中、高い成長率が予想されています。携帯電話やタブレットなどのいくつかの電子デバイスでの重要性が高まっているため、電子機器受託製造・設計サービス市場では、電子回路基板の需要が急増しています。

ヘルスケア、自動車、産業、航空宇宙および防衛などの非技術的な最終用途の分野全体でのアプリケーションの増加を要因として、電子機器受託製造サービスの需要は成長すると予想されています。これらの分野での電子機器受託製造・設計サービスの普及率はまだ低いですが、受託製造業者がこれらの分野に強力な足場を確立する機会が増えています。IT・テレコム分野は最大の最終用途分野であり、2019年の市場の売上の47%以上を占めました。ただし、ヘルスケア、自動車、防衛、およびその他の非技術分野におけるアウトソーシングの増加傾向が予測期間中の売上シェアの増加を後押しすると予測されています。

Global electronic contract manufacturing and design services market
電子受託製造および設計サービス

さらに、電気自動車の需要の急増により、電子部品製造をアウトソーシングする必要性が高まり、自動車分野での電子機器受託製造・設計サービス市場の成長を牽引しています。ヘルスケア産業では、CTスキャナーアセンブリ、血液分析装置、超音波画像システム、血糖測定装置を含む医療機器の需要の増加により、大幅な成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]