補完代替医療の市場規模、2020年から2027年政府のイニシアチブが牽引しCAGR19.9%で成長の見込み 

世界の補完代替医療市場の規模は、2019年に692億米ドルで、2020年から2027年はCAGR19.9%で成長すると予測されています。ヨガ、瞑想、磁気療法、鍼治療、補完的なウェルネストリートメントは、先進国全体で高い人気を集めています。一般の人々が代替療法を広く受け入れ、ヨガスタジオ、瞑想センター、スパ、補完的なウェルネス施設の数の増加が要因となっています。

政府のイニシアチブは、補完代替医療の採用を促進する上で極めて重要な役割を果たします。また、資金調達の増加、補完療法に特化した政府施設の設立、および従来の治療オプションが高価であるといった要因から、企業も補完代替医療市場への投資に積極的に取り組んでいます。

Australia complementary and alternative medicine market
補完代替医療の市場

地方政府当局およびプレーヤーは、補完代替医療に関連したメディカルツーリズムの強化に焦点を合わせています。インドの政府当局は近年、補完医療に関連する施設の開発と標準化に多額の投資を行っています。

代替医療とその哲学は、これまでは主流の医学から除外されてきました。しかし、米国の医師が代替医療を受け入れることで、特に先進国で、代替医療は今後数年で主流になっていくと予想されます。

エネルギー治療のような代替的医療の段階的な拡大により、補完代替医療市場が促進されることが予測されています。たとえば、イギリスに本社を置くThe Healing Companyは、リフレクソロジー、レイキ、ヘーブニングテクニックなど、補完療法の多様なポートフォリオを持ちます。

磁気療法は伝統医学分野の専門家の間で大きな牽引力を得ています。まだ初期段階ですが、いくつかの臨床試験では、磁気療法は疼痛管理において潜在的な利点があるとされています。このことは医療環境全体への浸透を促進すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]