磁気共鳴画像(MRI)の市場規模、2020年から2027年CAGR5.9%で成長、高磁界MRI装置が急成長の予測

2019年の世界の磁気共鳴画像(MRI)の市場規模は51億9,000万米ドルとなり、2020年から2027年の予測期間中はCAGR5.9%で拡大すると予想されます。

China MRI market
磁気共鳴画像(MRI)の市場

MRI市場は磁界強度別では、低、中、高に分けられます。低磁界強度のMRI装置は1.5T未満、中磁界は1.5Tから3Tまで、高磁界は3Tを超える磁界強度を持ちます。中磁界強度の装置は2019年に最大のシェアを占め、予測期間中に大幅な成長が見込まれています。中磁界強度の装置は高い精度で画像をキャプチャし、かつ、比較的手頃な価格です。

低磁界強度のMRI装置は、予測期間中の成長が最も低くなると予想されます。低磁界強度装置は主に画像の鮮明さや人工知能(AI)との統合を利点としており、中磁界および高磁界強度の装置との置き換えの機会の増加が、の成長に影響を与えると予想されます。

高磁界の装置は、予測期間中に最速のCAGRで成長すると予想されます。さまざまな臨床応用における高磁界強度MRI装置の効率をあげるために、さまざまな研究が行われています。一部のプレイヤーは、すでに高磁磁界MRI装置の開発を行い、規制機関から承認を受けています。現在、7T MRI装置は、脳と膝のイメージングのみを対象として研究されていますが、これは他の臨床アプリケーションに必要な先進コイルがないことが原因です。7T MRI装置の用途を広げるための先進コイルの開発が、高磁界強度装置の市場成長を推進すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]