産業用ポンプの市場規模、2019年626億米ドルから2027年までCAGR5.9%で成長の見込み要因はインフラ開発支出の増加

世界の産業用ポンプの市場規模は、2019年に626億米ドルに達し、2020年から2027年にかけて5.9%のCAGRで拡大すると予想されています。世界中のさまざまな経済におけるインフラ開発への支出の増加により、産業用ポンプの需要が増大すると予想されます。

U.S. industrial pumps market

産業用ポンプは、価格に非常に敏感な市場となっています。アジア太平洋地域の低コスト製品メーカーとの競争の激化が主な原因です。価格の高騰は、予測期間中の主要な抑制要因のひとつと予想されます。

最終用途産業からの需要の急増で、産業用ポンプのコンポーネント価格が変動し、予測期間中の設備投資に影響を与える見込みです。低コストの製造プロセスを進めるために、市場リーダーによる合併や買収などの戦略的活動への投資が急増し、産業用ポンプシステムの需要が高まると予想されます。

遠心式産業用ポンプは、2019年に売上の62.1%を占め、市場を支配しました。米国とカナダを含む先進国の石油・ガス産業における水圧破砕のブームを要因として、遠心式産業用ポンプの需要は増加すると予想されます。老朽化したインフラを改修する必要があることから、産業用ポンプシステムの需要は増加すると予測されます。 

容積式産業用ポンプセグメントは、予測期間中に最も速いCAGRで拡大すると見込まれています。優れたエネルギー効率を達成するために既存のポンプを新しい産業用ポンプに交換する機会が増えるため、往復式工業用ポンプは今後数年間で大幅な成長を遂げると考えられています。熟練した保守要員の不足により、部品ではなくポンプ全体を交換するというエンドユーザーの選択の変化で、製品需要が強まると予想されます。

空気圧制御機器の動力源としての油圧システムの重要性が高くなっていることが、回転式産業用ポンプの用途を後押しすると予測されています。また、回転式産業用ポンプは、消費者からの信頼と、さまざまな最終用途産業全体での支出を要因として、需要が増加すると見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]