エクソスケルトン、2019年の市場規模は6億2,630万米ドル、タイプ別ではシェア61%超の移動型が市場を占有

エクソスケルトンの市場規模は、2019年に6億2,630万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて成長が見込まれています。脳卒中の有病率の上昇、エクソスケルトン採用の増加、そして世界レベルでの高齢者人口の増加は、予測期間中の市場の成長に影響を与えると予想されています。また、建設や自動車などの産業におけるエクソスケルトン利用の増加は、予測期間にわたって、さらに市場を牽引する見込みです。負傷した兵士の支援や重量物の持ち上げに役立つため、軍事活動におけるエクソスケルトンの重要性が高まっていることも、世界市場を牽引する重要な要因となっています。

U.S. exoskeleton market

タイプ別では、移動型エクソスケルトンが2019年に売上高で61.8%の最大シェアを占め、予測期間中に大きな成長を遂げると予測されています。据え置き型エクソスケルトンは、脊髄損傷(SCI)の有病率の増加とリハビリテーションにおける据え置き型システムの利用が増加していることから、予測期間中に最も急速に成長すると予想されています。 

駆動タイプ別では、2019年に電動アクチュエーターが32.1%の最大シェアを占めました。電動アクチュエーターは、油圧式または空気圧式アクチュエーターなどの他のタイプのアクチュエーターと比較すると、費用対効果が高く、着用者は速度、加速度、位置を効果的に制御できます。これらの機能は、電気アクチュエーターの採用を拡大し、予測期間中に当セグメントの成長を後押しすると予想されます。

燃料電池セグメントは予測期間にわたり、最速の成長を見せると予測されています。電気アクチュエーターを超える燃料電池の利点に関する認識の浸透、燃料電池の出荷台数の増加、軍事作戦中にエクソスケルトンを一定に機能させる必要性の高まり、およびさまざまなアプリケーションでの据え置き型燃料電池の採用の増加は、燃料電池セグメントの成長をサポートする重要な要因になると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]