永久磁石の市場規模、2019年の207億4000万米ドルから2027年までCAGR 7.5%で成長する見込み

世界の永久磁石市場規模は2019年に207億4000万米ドルと評価され、2020年から2027年まで7.5%のCAGRが予測されています。このようなコンピューター、ラップトップ、音楽システム、テレビ、スマートフォンなどの電子機器の需要は、市場の成長を促進します。嗜好の変化や生活水準の向上、可処分所得の増加によるスマート電子機器の需要の増加は、家電市場を後押しすると予想されます。国際通貨基金によると、2016年のスマートフォンの世界販売台数は約15億台に達しました。2021年までに世界人口の約40%がスマートフォンを所有すると予想されています。スマートフォンの需要拡大により、永久磁石の需要がさらに高まると予想されています。

中国では、ハイダイナミックレンジ(HDR)品質のための4Kや8Kなどの解像度を持つテレビサイズの拡大とともに、多数の電子機器メーカーの存在が、今後数年間で永久磁石の需要を増大させると予想されています。2019年9月、Xiaomiは中国で43インチ、55インチ、65インチの3タイプの新しい4Kテレビを発売しました。

化石燃料による環境汚染への懸念がますます高まる中、自動車メーカーや政府、顧客からの電気自動車やハイブリッド電気自動車への需要が急速に高まっています。2017年、第8回クリーンエネルギー大臣会合では、2030年までに電気自動車の市場シェアを自動車全体(二輪車を除く)の30%まで高めるための「EV30@30キャンペーン」が開始されました。電気自動車の需要の増加により、永久磁石の市場が拡大すると予想されています。

永久磁石の需要の増加にもかかわらず、軟磁性磁石や電磁石の代替としての市場はあまり広がりません。また、NdFeB、Fe、Alnico、SmCoなどの別タイプの永久磁石が代替として使用されることもあます。低コストで取り扱いが容易な軟質磁石や電磁石の需要が増加しており、今後数年間の永久磁石市場の成長を妨げると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]