糖尿病デバイスの市場規模、2020年から2027年CAGR7.8%で成長の予測 高齢者人口と肥満症例数の増加が市場を牽引

2019年の世界の糖尿病デバイス市場規模は230億米ドルとなり、2020年から2027年にかけて7.8%のCAGRで拡大すると予測されています。高齢者人口の増加と肥満症例の増加を要因として、糖尿病の発生率は上昇しています。糖尿病予防医療の分野における技術の進歩と糖尿病の発生率の増加が、市場の成長を牽引しています。

North America diabetes devices market糖尿病デバイスの市場

この市場は製品別では、血糖モニタリング(BGM)デバイスとインスリンデリバリーデバイスに分けられます。インスリンポンプの採用の増加と技術進歩を要因として、インスリンデリバリーデバイスが最大の市場シェアを占めました。

BGMデバイスセグメントは、糖尿病デバイスに関する認識の向上と技術進歩を要因に、相当な市場シェアを占めました。このセグメントは、さらに、血糖自己測定(SMBG)デバイスと持続血糖測定(CGM)デバイスに分けられます。SMBGデバイスは、高い使用率と低コストを要因として、最大の市場シェアを占めました。SMBGセグメントはさらに血糖計、テストストリップ、ランセットに分けられ、テストストリップは手頃な価格で使いやすいため、最大の市場シェアを占めています。

CGMセグメントは、スマートCGMの登場と技術コラボレーションを要因に、予測期間中に最も速いペースで成長すると予想されています。このセグメントは、センサー、トランスミッター、レシーバーにさらに分けられます。トランスミッターは、デバイスコストが高いこと、そして高い使用率を要因に、最大の市場シェアを維持しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]