セラミックタイル市場規模、2020年から2027年CAGR6.7%で成長の予測

世界のセラミックタイルの市場規模は、2019年に3,465億米ドルとなり、2020年から2027年までの売上ベースのCAGRは6.7%になると予想されています。オフィス、ショッピングモール、宿泊施設、およびその他の公共施設などの建設市場の成長がセラミックタイル市場を牽引していくと予測されています。

セラミックタイルは、耐久性・剛性に優れ、環境にやさしい素材であり、グリーンビルディング基準に準拠していることから、床や壁用として関心を得ています。これらの製品は、幅広い色、サイズ、テクスチャで市販されており、ハイエンドのフローリング用途で消費者の注目を集めています

セラミックタイル市場

磁器タイルは、業界で最大のシェアを持つカテゴリであり、今後も最大シェアを得続けると予想されています。このカテゴリは、予測期間中の売上ベースのCAGRは7.3%と予測されています。これらのセラミックタイルは、細かく密度の高い粘土で作られ、極高温で焼成されるため、優れた耐久性持ち、交通量の多い場所の床材としてその機能を発揮します。

不浸透性磁器タイルは、カビやバクテリアへの耐性も備えているため、床材の長期的な価値を向上させます。さらに、この製品が提供する耐薬品性および防汚性は、ショッピングモール、ホテル、および公共施設の建物などにおける使用の増加を要因として、需要が拡大すると期待されています。

艶出しセラミックタイルは、2019年に995億米ドルの需要を記録した最も人気のあるカテゴリのひとつです。2020年から2027年にかけて売上ベースでCAGR5.3%と予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]