AI対応テストの市場規模、2030年に16億3000万米ドル到達予測

AI対応テストの市場規模は、2023年からCAGR18.4%で成長し、2030年には16億3000万米ドルに達すると予測されています。新たな人工知能(AI)は、技術的な展望を変革させています。ソフトウェアやツール開発の局面への応用が市場成長を促進しています。さらに、コンピュータビジョンと画像処理における重要な革新と発売が、市場成長を促進すると予測されています。例えば、Applitools社のソフトウェアテスト用Visual AIは、訓練されたAIと機械学習(ML)アルゴリズムを使用して高い精度を提供します。同様に、2023年4月には、ソフトウェアテストプラットフォームのSofyによって、ノーコード、ジェネレーティブAI駆動のモバイルアプリテストソリューションSofySenseが発表されました。

GPTに統合されたインテリジェントなソフトウェアテストAI技術を統合することで、このサービスはSofyの現在のプラットフォームを改善し、品質を保証します。大手企業は市場で優位に立つために、イノベーションとAI対応テストツールの開発に注力しています。例えば、2022年10月、Keysight Technologiesは、5Gデバイスを強化する新しい自動AIテストを発表しました。これは、自動化と人工知能を通じて、スマートフォンユーザーと内蔵アプリケーションとのインタラクションを高めるためのものです。同様に、2021年2月、Sauce Labs Inc.はAutonomIQを買収しました。この買収は、ビジュアルテスト、APIテスト、フロントエンドパフォーマンステスト、および機能的UIテストを含む拡大する能力セットに自動化スクリプトレステストを強化し、Sauce Labsのポートフォリオをさらに広げ深めるものです。

自己修復テストは、AI対応テストツール市場の成長を促進するものと思われます。アプリケーションのコンポーネントは、従来のテスト自動化システムでは明確な識別子によって定義されています。これらの要素は、アプリケーションがアップグレードされたり修正されたりするたびに変更されることもあります。項目の定義が固定されているため、以前は成功していたテストが失敗し、偽の否定的な結果が生じることもあります。自己修復テストでは 、AI アルゴリズムが使用され、動的なプロパティに起因する予期せぬミスを自動的に検出し、より良い解決策を提案する、もしくは、スクリプトを自動的に更新します。このテストにより、テストの失敗が回避され、QAスタッフが問題を追跡して解決する手間を省くことが出来るようになりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]