収益サイクル管理の市場規模、2030年に6587億米ドル到達見込み

収益サイクル管理(RCM)の市場規模は、2023年から2030年にかけてCAGR11.5%で成長し、2030年には6587億米ドルに達する見込みです。医療のデジタル化の進展は、収益サイクル管理システムなどの医療ITソリューションの導入を組織に促しています。複数の医療現場から生成される整理されていないデータのサイロ化や、生産性と効率性を高めるためのワークフローの合理化が、収益サイクル管理システムの採用を促進し、市場成長を後押ししています。

既存の医療システムは、請求管理、コーディング、払い戻しなどの電子プロセスを採用し、移行しつつあります。世界的なデジタルリテラシーの高まりと医療IT支出の増加は、医療インフラの技術的進歩と相まって、市場成長を後押しすると思われます。ワークフローの最適化に対する需要の高まりと、政府機関からの有利な規制支援が、同市場の成長と発展を形成しています。変革する医療制度と絶え間ない技術の進歩は、医療施設における患者と医療提供者との関係を強化する原動力となっています。

市場プレーヤーは、事業基盤を拡大し顧客を増やすために、パートナーシップや技術提携に注力しています。例えば、2020年1月、Professional Recovery Consultants(PRC)とContinuum Health Technologiesは、医療費請求拒否管理を改善するためのパートナーシップを締結しました。この提携には、PRCの高度なクレームサービスとContinuum Health Technologies独自のソフトウェア(Patient EstimatorとDenial Challenger)の組み合わせが含まれ、有効な売掛金のフォローアップが自動化され、保険金請求の拒否が減り、保険金請求のライフサイクルにおける価格設定の透明性が提供されます。 この提携により、医療提供者には費用対効果が高く自動で収集プロセスを管理できる方法が提供され、患者と業界全体にも価格設定の透明性が可能になります。

同様に、主要企業は製品ポートフォリオを拡大し、世界的な需要の高まりに対応するため、革新的な製品ソリューションを発表しています。例えば、2020年2月、Waystar Healthは、収益サイクルプロセスの自動化に使用されるAI/RPAプラットフォームであるHubbleを発表しました。Hubbleプラットフォームは、高度な機械学習と予測分析アルゴリズムの助けを借りて収益獲得を増加させ、企業の過去の請求慣行に基づいて、DRGの異常、請求漏れ、コーディングの差異を自動的に認識し、毎年数百万の純収益を生み出しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]