デジタル屋外広告の市場規模、2030年に326億3000万米ドル到達予測

デジタル屋外広告の市場規模は、2023年からCAGR11.6%で成長し、2030年には326億3000万米ドルに達すると予測されています。新興国における急速な都市化の進展が市場成長を加速させています。近年、様々な業界において、製品や会社に関する情報を提供するためのデジタル屋外広告の人気が高まっており、市場成長が拡大しています。さらに、消費者の認知、クリエイティブな広告デザイン、ジオロケーションなどの変数により、発展途上国におけるデジタル屋外広告の効果が高まっています。例えば、2023年4月、屋外広告会社のLamar Advertising Companyと、位置情報広告テクノロジー会社のVistar Media, Inc.は、新しいDenver Transit DOOHネットワークのリリースを発表しました。この新しいネットワークは、現在55以上の未来的なアートデジタルディスプレイを擁し、そのすべてがVistarのDOOHソフトウェアソリューションによってサポートされています。

デジタル屋外広告は、より多くの顧客エンゲージメントとブランド認知度の向上により、急速に人気を集めています。COVID-19の大流行時には閉鎖が観察され、多くの広告主がこの期間にマーケティング予算を削減したり、広告支出を一時停止したりしたため、同市場にマイナスの影響を与えました。その後、いくつかの規制が緩和された後、デジタル屋外広告への支出が増加しており、今後の市場成長を押し上げることが予想されています。

交通・運輸分野は、2030年までの間、最も高いCAGRを記録することが予想されます。様々な交通手段を通じてブランド認知や製品のプロモーションを行うため、デジタル屋外広告の採用が増加しています。さらに、交通・輸送セグメントにおける顧客エンゲージメントの高さから、多くの広告主によるデジタル屋外広告への投資が増加していることも、市場の成長を促進しています。政府政策の推進や制度に関する認知度向上によるデジタル屋外広告の人気が、市場の成長を後押ししています。

デジタル屋外広告市場のハイライト

ビルボード分野は2022年に67%超の最大市場シェアを獲得しました。デジタル看板は、広告主がメッセージを簡単に変更できるため、よりダイナミックで魅力的な広告キャンペーンを展開することが出来ます。これにより、視聴者の関心を引き付け、広告効果を高めることが可能です。

自動車分野は、2030年までの間、大きな成長が見込まれています。広告主は、屋内環境にいる消費者にリーチすることの価値を認識しており、この媒体に投資することでターゲットとなる視聴者を効果的に取り込もうとしています。

不動産分野の大きな成長するが期待されています。オンライン住宅検索やバーチャルツアーの人気が高まる中、不動産会社はより多くのデジタル要素を含む広告戦略に適応しつつあります。

2022年の市場は北米が圧倒的で、世界の売上高の36%以上を占めました。同地域のデジタル屋外広告は、モバイル機器の利用増加により成長を遂げています。広告主はモバイルデバイスを活用し、インタラクティブな広告キャンペーンを展開しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]