オンライン広告の市場規模、2030年に7473億8000万米ドル到達予測

オンライン広告の市場規模は、2030年までCAGR15.7%で成長し、2030年には7473億8000万米ドルに達すると予測されています。これは、インターネット利用の拡大によるもので、世界のインターネット普及率は着実に上昇しており、より多くの人々がインターネットにアクセスできるようになっています。このユーザーベースの拡大は、オンライン広告のためにより多くの聴衆を提供し、企業が潜在顧客に到達するための多くの機会につながっています。

モバイル広告もまた、オンライン広告業界の成長に大きな役割を果たしています。スマートフォンやモバイルデバイスの普及は、モバイル広告の需要を煽ってきました。モバイルデバイスは、新たな広告機会を創出し、多くの人々のためのインターネットにアクセスするための主要な手段となっています。広告主はモバイル広告を活用し、外出中の消費者にリーチし、位置情報や嗜好に基づいてターゲットを絞ったメッセージを配信しています。

プログラマティック広告の台頭も、オンライン広告市場の成長に貢献しています。プログラマティック広告は、広告在庫の売買を自動化することで、プロセスをより効率的かつ費用対効果の高いものにします。広告主はキャンペーンをより正確に絞り込むことができ、リアルタイムの入札が可能になり、適切なタイミングで最も関連性の高いオーディエンスに広告が配信されるようになります。

ソーシャルメディアプラットフォームは効果的な広告チャネルとして台頭し、オンライン広告業界の成長をさらに後押ししています。Facebook、Instagram、Twitter、LinkedInなどのプラットフォームは、高度なターゲティングオプションを提供しており、企業は特定の属性や関心にリーチすることができます。広告主は、高度にパーソナライズされたキャンペーンを作成し、より直接的かつインタラクティブな方法でターゲットオーディエンスと関わることができます。

ソーシャルメディアプラットフォームは、効果的な広告チャネルとして台頭し、市場の成長をさらに促進しています。Facebook、Instagram、Twitter、LinkedInのようなプラットフォームは、高度なターゲティングオプションを提供し、企業が特定の人口層や関心にリーチすることを可能にします。広告主は、高度にパーソナライズされたキャンペーンを作成し、より直接的かつインタラクティブな方法でターゲット視聴者とエンゲージすることができます。

オンライン動画消費の人気の高まりも、オンライン広告業界の成長に寄与しています。YouTubeやストリーミングサービスのようなプラットフォームは、動画広告の重要な広告チャネルとなり、ユーザーにとって魅力的で没入感のある体験を提供するため、広告主はユーザーの注目を集め、メッセージを効果的に伝えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]