米国の暗号通貨の市場規模、2030年には29億米ドル到達予想

米国の暗号通貨の市場規模は、2023年からCAGR12.0%で成長し、2030年には29億米ドルに達すると予想されています。様々な産業でブロックチェーン技術の利用が進んでいることが、市場の成長を後押ししています。ブロックチェーンは、医療、サプライチェーン管理、投票システムなどの産業に革命を起こす可能性を秘めています。ブロックチェーン関連のプロジェクトやスタートアップ企業への投資の増加が、米国の暗号通貨市場の成長を後押ししています。

2022年5月、Coinbase, Inc.は、一部のユーザーに対して、CoinbaseのアプリケーションからEthereumベースの分散型アプリケーション(DApps)に直接アクセスできるよう、提供を開始したと発表しました。Coinbaseの新しいDAppsブラウザとウォレットは、これらの機能を搭載しており、最新サービスをまず米国ユーザー向けにAndroid OSで開始することで、最終的にはすべてのユーザーとプラットフォームで利用できるようになると発表されました。

市場関係者は、革新的なサービスの開発に積極的に投資しています。例えば、2023年3月、Krakenは、2020年に銀行章の認可を取得し、デジタル資産バンクの立ち上げに向けて進んでいることを発表しました。この銀行は、デジタル資産に特化したカストディ、包括的な預かり業務、受託業務など、さまざまなサービスを提供することを目的としています。

COVID-19のパンデミックは、米国の暗号通貨業界にポジティブな影響を与えました。パンデミックは、サプライチェーン管理やヘルスケアで発生する様々な課題を解決するブロックチェーン技術の可能性を浮き彫りにしました。これにより、より多くの企業や組織がブロックチェーンベースのソリューションを業務に組み込むことで、暗号通貨の採用が増加しました。

米国暗号通貨市場のハイライト

暗号通貨の交換や採掘のために設計されたソフトウェアの需要が高まっていることから、ソフトウェア分野は最も速いCAGRで成長することが予想されます。さらに、暗号通貨を管理・取引するためのユーザーフレンドリーなソフトウェアに対する需要の高まりも、ソフトウェア分野の成長を後押ししています。

グラフィックス・プロセッシング・ユニットは、従来のセントラル・プロセッシング・ユニットと比較して、暗号通貨のマイニングに必要な複雑な数学的計算を高い効率で処理できるため、最も速いCAGRで成長すると予想されます。

2022年は、小売・電子商取引分野が支配的でした。複数のオンラインプラットフォームで暗号通貨が正当な支払い方法として受け入れられるようになり、電子商取引の人気の高まりと相まって、同セグメントの成長を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]