ベッドルームリネンの市場規模、2030年に505億6000万米ドル到達予測

ベッドルームリネンの市場規模は、2023年からCAGR7.6%で成長し、2030年には505億6000万米ドルに達すると予測されています。住宅とホスピタリティ分野の継続的な成長が、この業界の成長の主な要因です。カラフルで快適、持続可能で革新的な製品への需要が、さらに成長を促進しています。最近の技術的躍進により、防水、防滴、防汚加工を施した生地など、これまでにない製品が消費者に提供されています。多くの企業が、メンテナンスが簡単で、汚れたりすることなく長く使える製品を販売し始めています。

マイクロファイバーは現在よく使われている素材で、絹のようなサテンの手触りと汚れにくい生地を好む消費者に最適な選択となっています。メーカーは、環境に配慮するため、アップサイクルや倫理的に調達されたオーガニック素材を使用し始めています。Global Organic Textile Standard, Global Organic Latex Standard, Oeko-Tex Standard 100, Oeko-Tex Standard 1000は、オーガニック素材、倫理的に調達された原材料、環境に優しい事業の使用を保証するベッドリネンの認証です。フォーブスの記事によると、多くの消費者は持続可能な製品に対しお金を払う用意があると言われています。この傾向は、環境に配慮した製品の需要を押し上げ、セルフケアや健康維持に役立つ製品への消費者の支出を増やしています。

例えば、シルクの枕カバーは、低刺激性で髪の健康に良いという理由で、ウェルネスの世界で新たな注目を集めています。可処分所得の増加、働く人の増加、ホームファニシング製品への関心の高まりにより、2022年の製品消費量ではアジア太平洋地域が業界を支配しました。同地域では、ホスピタリティ部門が驚異的な成長を見せており、ベッドルームリネン市場の成長に寄与しています。Business Maps of Indiaによると、インドのホテルは18億人の国内旅行者と900万人の外国人旅行者を受け入れており、この地域の観光業の急速な成長は、今後も市場の発展を後押ししていくものと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]