エネルギー管理システムの市場規模、2030年に1118億6000万米ドル到達予測

エネルギー管理システム(EMS)の市場規模は、2023年からCAGR13.3%で成長し、2030年に1118億6000万米ドルに達すると予測されています。エネルギー管理システムの導入が急増しており、パフォーマンスと持続可能なエネルギー効率を向上させるための貴重な手法として注目されています。ステークホルダーは、温室効果ガスの排出量とコストを最小限に抑え、サプライチェーンを強化するために、エネルギー削減を優先しています。EMSは、運用管理と可視性の向上を求める電力会社によって、その地位が確立されつつあります。スマートビルを中心に、スマートグリッドやスマートメーターの設置が促進され、市場の成長が加速しています。

スマートホームは、使用量を監視することで、エネルギー管理の価値提案を強化しています。また、電力事業者は、スマートサーモスタットやスマートセンサーなどのインテリジェントソリューションに傾倒しています。インダストリー4.0、クラウド分析、IoT、センサーの普及により、大手企業のポートフォリオが強化され、その地位は揺るぎないものとなっています。本質的に、スマートエネルギー管理は、エネルギー消費の制御、監視、最適化、および測定において地歩を固めています。また、業界のプレーヤーは、システムの行動パターンを管理・監視し、エネルギー使用を最適化するために、AIを搭載したEMSの利用を試みています。

産業用エネルギー管理システム(IEMS)は、エネルギーコストを最小限に抑え、レジリエンスを下支えするための有望なソースとして浮上しています。生産施設、倉庫、アフターサービスを持つ産業用企業は、浸透していない地域に足を踏み入れるため、EMSを優先的に導入しています。特に、北米、欧州、アジア太平洋地域では、スマートソリューションによってエネルギー管理を合理化する傾向が強まっています。持続可能なエネルギーへの関心が高まる中、スマートエネルギー管理は世界市場をさらに活性化させる可能性があります。

EMSソリューションは、生産リスクの最小化、品質およびコンプライアンスコストの削減、エネルギー利用の強化に役立つと期待されています。エネルギーコストの変動や最先端技術の採用といったいくつかの要因が、エネルギー管理システムの市場価値を高めると考えられます。関係者は、スマートIEMSが効率的なエネルギー管理の合理化、計測場所のリアルタイム監視、ダウンタイムの削減、エネルギー節約の最大化、OPEXの削減を実現すると予測しています。さらに、自動車、石油・ガス、製造、食品・飲料の各業界でIEMSへの関心が高まっており、市場成長への好材料となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]