手動歯ブラシの市場規模、2030年に102億5000万米ドル到達予測

手動歯ブラシの市場規模は、2022年からCAGR7.5%で成長し、2030年には102億5000万米ドルに達すると予測されています。同市場は、人々の口腔衛生意識の向上や、口腔内合併症の発生を抑える必要性の高まりに大きく牽引されています。

また、メーカーがさまざまな革新的なマーケティング手法によって手動歯ブラシの普及を促進していることも、市場を牽引する要因のひとつです。ブランディングのための認定歯科医におけるローピング活動、より良い可用性に向けた都市部と農村部市場における広範な流通ネットワーク、販売員や代理店との提携、雑誌、新聞、看板、ラジオ、テレビチャンネルを通じた、デジタル、印刷、視覚メディアを利用した広告キャンペーン、および競争力のある価格設定は、競争の激しい市場でプレイヤーが採用する主要なマーケティング戦略です。

また、製品イノベーションの高まりも市場を牽引しています。ブラシのサイズと品質の向上、異なる年齢層に対応した製品設計、ヘッドの構造と形状の変更、柔軟性の向上、角度のついたハンドルの改良などは、主要メーカーが行った変更点の一部です。また、消費財市場における、持続可能性や環境に優しいトレンドの影響から、竹やコーンスターチなど、植物由来で生分解性の素材を使用した歯ブラシの人気も高まっています。

ミディアムソフト歯ブラシが最大セグメントとして浮上し、2021年に45.0%超のシェアを占め、今後も優位に立つことが予想されます。ウルトラソフトセグメントは、2022年から2030年にかけてCAGR7.3%で拡大することが予測されます。力を入れ過ぎた歯磨きは歯周病の原因となるため、多くの歯周病専門医は、上皮へのストレスが少ない中毛または軟毛のナイロン製歯ブラシの使用を推奨しています。超軟質歯ブラシは、ブラッシング時に歯茎を保護するのに十分なほど毛が柔らかく、過剰な圧力をかけずに歯の汚れを落とす十分な柔軟性があります。

手動歯ブラシ市場のハイライト

2021年にはミディアムソフト歯ブラシ部門が最大のシェアを占めました。この製品の成長は、歯科医による製品推奨により拡大しています。歯ブラシの中軟毛は、超軟毛と比較してより効果的と言われています。

エンドユーザー別に、個人向けセグメントが2021年に最大カテゴリーとして浮上しました。これは、歯周病、虫歯などの一般的な疾患の有病率が増加しているため、今後も市場を支配するものと思われます。2017年に国立オドント・口内科病院が実施した調査によると、国内の90%近い人が何らかの歯科疾患を患っています。

2021年は、アジア太平洋地域が最大シェアを占めました。同地域はまた、手動歯ブラシの最も有利な市場として浮上しており、その優位性を維持すると思われます。この地域は世界人口の約半分を占め、口腔ケアを含む個人衛生の実践に力を注ぐ人々の数が常に増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]