再生海洋プラスチックの市場規模、2030年に29億1000万米ドル到達予測

再生海洋プラスチックの市場規模は、2022年からCAGR7.4%で成長し、2030年には29億1000万米ドルに達すると予測されています。海洋プラスチック廃棄物の増加が、2022年~2030年の間の業界の成長を促進すると予想されています。国連環境計画(UNEP)の報告によると、プラスチックは海洋ゴミの85%を占めており、2040年までに、年間2300万トンから3700万トンの廃棄物が海洋に投棄され、海洋プラスチック廃棄物の量は3倍に増えると予想されています。

海洋プラスチック廃棄物は、海鳥、魚類、海洋哺乳類を、摂取、窒息、飢餓、感染、溺死、絡みつきにより、傷つけ、死亡させます。プラスチック汚染の影響を最も受けるのはウミガメで、漁網や漁具に絡まったり、窒息したりします。また、プラスチックは食物連鎖によって人体に入るため、人間も危険にさらされています。さらに、マイクロプラスチックは空気中に浮遊して吸い込むこともあります。水源に混じると、プラスチック汚染はホルモンの変化、生殖異常、発達障害、そして癌を引き起こす可能性があります。また、世界経済にも重大な影響を及ぼし、国際的な不法投棄の増加の可能性もあります。2050年には、海中には魚よりも多くのプラスチック廃棄物が存在するようになると推定されています。

アジア太平洋は、海に流入するプラスチック廃棄物の原因の80%以上を占める地域です。これは、廃棄物の不適切な管理と、この地域のいくつかの国で廃棄物の収集と処理が行われていないことが原因です。廃棄物処理方法のうち、リサイクルはごく一部に過ぎず、東南アジアでは野外投棄が最も多く行われています。河川は海洋廃棄物の主な発生源であり、南アジアと東南アジアの河川は世界最大の海洋プラスチック廃棄物の発生源となっています。例えば、フィリピンのパシグ川は最も汚染された川の一つで、アジアにおけるプラスチック汚染の主要な発生源となっています。

再生海洋プラスチック市場のハイライト

2021年にはポリエチレンテレフタレート(PET)が37%以上の収益シェアでリサイクル市場をリードし、今後も堅調なCAGRを維持すると予想されます。

欧州、北米、アジアを含む地域全体の使い捨てプラスチックに関する厳しい規制がり、再生海洋プラスチック産業の成長を促進することが予想されます。

電気・電子製品の需要の増加と環境への関心の高まりが、消費財用途での再生海洋プラスチックの需要を促進することが予想されます

用途別に、2021年の売上高シェアはアパレル部門が41.6%超で最大となりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]