歯科用シミュレーターの市場規模、2030年に6億9950万米ドル到達予測

歯科用シミュレーターの市場規模は、2022年からCAGR9.44%で成長し、2030年には6億9950万米ドルに達すると予測されています。教育・訓練におけるシミュレーション技術の需要の高まりは、業界の成長を増大させる主な要因です。また、発展途上国における歯科用シミュレーターの治療成績向上やトレーニング用途に対する意識の高まりも、同市場の成長を後押ししています。COVID-19感染の拡大を抑制するために、様々な国の政府は、完全なロックダウンと旅行制限を宣言し、さらに歯科処置と歯科教育の実践の大部分を停止しています。この大流行が、修復歯科学やその他の実践的なコースに与えた影響は大変大きなものでした。

歯学部では、触覚反応を取り入れたシミュレーション技術や、バーチャルリアリティ(VR)、拡張現実(AR)を用いたデジタル教育プラットフォームを採用するようになりました。これにより、学生は自分自身を隔離し、講師は安全に遠隔授業を行うことができるようになりました。しかし、パンデミックの初期段階では、歯科用シミュレーターのハードウェアのサプライチェーンが制限され、大手企業のビジネスに影響を与えました。歯科内科学、歯周病学、補綴学、歯科矯正学、インプラント学、口腔顎顔面外科学、歯科放射線学の分野における歯科シミュレーターの幅広い応用範囲は、歯科学校におけるその重要性と使用率を高めています。歯科用シミュレーターは、学生がトレーニングを向上させるために、広範囲な反復練習を行うことで、個々に合わせた学習体験を実現します。

また、自己トレーニングを可能にするフィードバックオプションが、記録、保存、レビューの機能を備えています。さらに、歯科用シミュレーターは、歯学部が献体に費やすコストを削減し、トレーニングにシミュレーターを使用するための利便性と互換性をさらに向上させることができます。業界の主要企業は、競争力を維持するために、買収、合併、パートナーシップ、ハードウェア&ソフトウェアの発売など、さまざまな戦略的イニシアチブを実施しています。例えば、2022年1月、Dentsply Sirona社は、フランスのトゥールーズ大学との提携を発表し、同社のシミュレーションユニットを前臨床実験装置として導入することを発表しました。同様に、各社は歯科用シミュレーショントレーニングを容易に支援する先進的な製品を発売しています。例えば、2019年8月、HRV Simulation社は、VRヘッドセットと触覚フィードバック技術を歯科用トレーニングシミュレーターに組み合わせ、歯科学生がよりリアルにトレーニングできるようにしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]